消費者金融

消費者金融でお金を借りる方法

お金を借りる方法には、さまざまな方法があります。
マイホームのお金を借りたいときや教育ローンで借りたいときなどは、銀行の目的ローンを申込むのが一般的ですが、日常生活でお金が足りなくなり、給料日までの間だけでも借りたいというときは、消費者金融や銀行カードローンといった小口融資でお金が借りられます。

 

お金を借りるということについて、後ろめたいイメージをお持ちのかたもおられますが、現在日本でキャッシングを利用している人は1,200万人とも1,400万人とも言われています。
過去には庶民金融と言えば質屋がありましたが、現在は消費者金融や銀行カードローンがそれに代わり、庶民金融として日常生活で利用されています。

 

「消費者金融でお金を借りる」

消費者金融の設立は1960年に大阪で誕生し、当時はサラリーマンを対象に無担保でお金を貸付けをしたのが始まりです。
現在大手消費者金融と呼ばれるアコムは大阪では1960年にアコム、1962年にプロミス、京都では1967年にアイフルが誕生しました。
東京では1966年に武富士が創業。この頃からサラリーマンの利用者を中心に急速に拡大していきました。
このように消費者金融は小口融資だけで事業をおこなってきたため、蓄積されたデータやシステムを使い、審査がわずか30分程度でおわるというスピード審査ができることで即日融資を可能にしています。
大手消費者金融はすべてが即日融資が可能で、申込をしたその日のうちにお金が借りられます。

 

「消費者金融でお金を借りる条件」

もちろん、お金を借りるためには審査を受けなければなりませんが、申込条件は年齢20歳以上65歳(一部の消費者金融は69歳)の安定した収入があれば、正社員だけでなくパートやアルバイトで収入を得ている人であれば誰でも申込ができます。
審査は銀行に比べて比較的通りやすく、毎月給料をもらって普通の生活をしていればまず審査で落ちることはないので心配ありません。

 

「消費者金融は総量規制の影響を受ける」

2010年貸金業法が全面的に改正になり、その中に総量規制の施行が始まりました。
総量規制とは、消費者金融がお金を融資するときは、年収の3分の1以内になります。
これは利用者の借り過ぎを防止するための法律で、借入希望額が年収の50万円をこえる場合や、他社に借入が有るときはその借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合は、申込者に収入証明書類(納税証明書、源泉徴収票、給与明細書など)年収のわかる書類を提出してもらい、収入を確認することが義務付けられています。

 

これまで最も多い利用者は主婦と言われていましたが、パートやアルバイトで収入を得ている兼業主婦のかたはこれまで通り申込ができますが、無職の専業主婦のかた消費者金融が利用できるのは一部の消費者金融だけとなっています。

消費者金融なら誰でも申込ができる

お金を借りる方法として、もっとも手軽に申込ができるのがキャッシングです。
キャッシングを利用しているかたが全国で1,400万人とも言われ、日常生活でもちょっと金が足りないとか、給料日前の間だけといった場合でも手軽に借りられることで多くの消費者が利用しているようです。

 

「手軽に申し込める消費者金融」

キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンなどから申込ができます。
なかでも消費者金融は、サラリーマンを対象にして設立された金融会社で、銀行の目的ローンとは違い、無担保でお金を貸付たのが始まりです。
消費者金融が最初に設立されたのが1960年大阪で誕生しました。
消費者金融は小口融資に特化しているため、これまで蓄積された膨大なデータやノウハウを駆使すれば数分で審査が終わるというスピード審査を可能にしています。

 

キャッシングでお金を借りるためには条件があり、条件さえ満たしていれば誰でも申込ができます。
申込条件はほとんど同じで、年齢20歳以上65歳〜69歳のかたで安定した収入が有るかたなら、正社員だけでなくパートをしている兼業主婦や、アルバイトをしている学生でも収入があれば申込ができます。

 

「消費者金融で申込ができないかた」

ただ、誰でも申込ができるといっても上記のような条件を満たしていなければ申込ができません。
たとえば、特に関係するのが収入が有るかどうかになります。
消費者金融は総量規制の対象になり、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるので、収入のないかたは申込ができません。
たとえば、これまで消費者金融の利用が一番多いと言われていた主婦も、パートやアルバイトをしている兼業主婦はこれまでどおり申込ができます。
収入のない専業主婦の場合は総量規制の除外項目にあたる「配偶者貸付制度」を取り入れている消費者金融なら申込ができますが、大手消費者金融は審査や調査に時間がかかり、採算がとれないということで廃止、もしくは中止していますので、現実的に借入はむつかしくなっています。

 

また、年齢65歳になれば定年退職し、年金生活が始まるかたが多くなっています。
年金だけで生活をされているかたは申込ができる所が少なく、年金収入以外にアルバイトやパートなど、何らかの収入源がなければ申込できないところがほとんどで、高齢者のかたが申込をするときは、年金以外に収入が必要かどうかを調べる必要があります。

 

消費者金融の審査は銀行に比べて緩いと言われています。
毎月給料をもらって普通の生活をしていれば、まず審査に通らないということはありませんので、急な出費に備えて事前に申込んでおくのもひとつの方法と言えます。